■ハーブ辞典<タ行>

ハーブ名 科名・部位 主な使用
方法
コメント
タイム
Thymus vulgaris
タチジャコウソウ
シソ
浸剤
チンキ剤
ハーブティー
いろいろな種類がありますが、ハーバリズムではコモンタイム、ガーデンタイムを使用します。殺菌・抗菌作用が高く、呼吸器系、消化器系に効果的です。風邪、咳、痰、花粉症に用いられています。また、神経刺激作用もありリフレッシュに効果的。
注)妊娠初期注意
ダンディライオン
Taraxacum officinale
西洋タンポポ
キク

(葉)
浸剤
煎剤
ハーブティー
カリウムを含み理想的な利尿剤といわれ、体内から余分な水分、塩分を排泄してくれます。脂肪代謝を促進し吸収を抑え排泄を促しので、生活習慣病の予防やダイエットにも効果的です。肝臓や胆嚢の働きを促し、穏やかな強壮作用のあるハーブです。 注)胆道閉鎖、胆嚢炎、腸閉塞の方は避ける
チェストツリー
Vitex agnus castus
イタリアニンジンボク
クマツヅラ
浸剤
チンキ剤
カプセル
ハーブティー
古代から女性生殖器系疾患の治療に用いられてきたハーブで、今日のドイツで行われた研究から黄体形成ホルモンとプロラクチンの生成増加作用が明らかになっています。またエストロゲンにも作用しバランス調整作用があると考えられています。婦人科系のトラブルに欠かせないハーブ。 注)妊娠中注意。ピルとの併用避ける
チコリールート
Cichorium intybus
キクニガナ
キク
浸剤
ハーブティー
アンディーブとも呼ばれる植物で古代から食用にされてきたハーブ。穏やかな強壮作用があり、利尿作用が高く尿酸の排出を促してくれます。むくみ、膀胱炎、リウマチ、通風に効果的です。また、気管支の炎症、貧血、血糖値を下げるためにも活用されています。
チャパラール
Larrea tridentate
ハマビシ
煎剤
ハーブティー
(2番煎じ)
“クレオソートブッシュ”という別名通り、消毒薬のような強い香りのあるハーブ。幅広い働きを持つといわれていますが、特に毒素排出作用が高く体内浄化作用が高いことで知られています。ハーブティーで飲む場合は、一番煎じは飲まずに2番煎じを飲みます。長期的なスキントラブルのある人等は、煎剤などを浴槽のお湯に混ぜ入れてると良いといわれています。
注)妊娠中注意。多量摂取・長期連用注意