■ハーブ辞典<ラ行>

ハーブ名 科名・部位 主な使用
方法
コメント
ラズベリー
Rubus idaeus
ヨーロッパキイチゴ
バラ
ハーブティー
浸剤
カプセル
収斂作用、子宮調整作用に優れ、刺激と弛緩療法の働きがあり子宮筋の緊張を和らげ、収縮をスムーズにすることから生理痛に欠かせないハーブと言われています。また、安産のお茶として知られ、催乳作用があり妊娠後期から積極的に飲みたいハーブです。
注)妊娠初期は注意。
ラベンダー
Lavandula angustifolia
シソ
花と先端
ハーブティー 幅広い働きのあるハーブの代表。神経系のリラックス作用が高く、身体リズムを整え、身体のバランス調整作用のあるハーブ。ストレスからくる体調不良、不眠などの神経系のトラブル、免疫系、消化器系のトラブルにも活用されています。
注)妊娠中注意。
リコリス
Glycyrrhiza glabra
カンゾウ
マメ
ハーブティー
浸剤
カプセル
主成分がグリチルリチンで強い甘味のあり、抗炎症作用、抗アレルギー作用を持つハーブ。風邪やインフルエンザ、呼吸器系のトラブル、消化性潰瘍、リウマチ、関節炎、肝臓や副腎の強壮などに活用されています。
注)妊娠中注意。肝臓疾患、高血圧、腎不全の方は避ける。ジゴキシン系薬剤飲用者注意。
リンデン
Tilia europaea
西洋シナノキ
シナノキ
花と葉
ハーブティー ハチミツのような香りのするハーブで、鎮静作用、発汗作用、利尿作用、強肝作用、血圧降下作用などがある。ストレス性の高血圧や動脈硬化、不眠、頭痛、片頭痛、風邪やインフルエンザ、消化器系の不調などに活用されています。
ルイボス
Aspalathus linearis
マメ
ハーブティー
浸剤
酸化抑制作用のあるSODを多く含み、アンチエイジングなどで期待されているハーブ。消化器系の不調、代謝不良、アレルギー、湿疹、花粉症、小児喘息、冷え、便秘などに活用されています。
レッドクローバー
Trifolium pretense
ムラサキツメクサ
マメ
ハーブティー
浸剤
カプセル
呼吸器系のトラブル、皮膚疾患、更年期などの婦人科系のトラブル、リンパ系の浄化などに活用されています。また、抗ガン成分が確認されたといわれ、一部で治療に活用されています。
レモングラス
Cymbopogon citraus
イネ
地上部
ハーブティー 消化促進作用、食欲増進作用、発汗作用などがあり、胃腸の働きを促進し、胃腸の不快感の改善などに使われています。神経に穏やかな刺激を与えてリフレッシュさせるので、ストレスの調整にも活用されています。発汗・殺菌作用もあるので風邪やインフルエンザにも。
注)妊娠中注意
レモンバーベナ―
Aloysia triphylla
コウスイボク
クマツヅラ
ハーブティー 食欲不振、食べ過ぎなど消化器系の不調を緩和してくれるハーブ。神経緩和作用があり、リラックスを促してくれるのでストレス過多などにも効果的です。この他、風邪やインフルエンザ、発熱、偏頭痛、呼吸器系トラブル、花粉症などにも活用されています。
注)大量摂取・長期連用注意。
レモンバーム
Melissa officinalis
ヤマハッカ
シソ
ハーブティー 鎮静作用、消化促進作用から消化器系の不調の緩和、風邪やインフルエンザなどに用いられています。神経系にも効果的なハーブで、憂欝、不安、ヒステリー、落ち込みがちな人、神経質な人に活用されているハーブです
レモン
Citrus limon
ミカン
果皮
ハーブティー 風邪やインフルエンザ、貧血、静脈瘤、内痔核などへの活用が知られています。精油成分を多く含有し香りのリフレッシュ作用から、気分をリフレッシュしスッキリさせてくれます。
ローズ
Rosa gallica var. officinalis
バラ
バラ
ハーブティー リラックス作用と女性ホルモン調性作用が高く、ストレス過多、神経不安やうつ、生理不順や更年期などに活用されているハーブ。この他、消化器系、呼吸器系、免疫系などでも幅広く活用されています。この他、体内ディトックス、美容のサポートにも効果的です。
注)妊娠初期注意。
ローズヒップ
Rosa canina
ハマナス
バラ
ハーブティー ビタミンやフラボノイドが豊富で穏やかな強壮作用があるといわれています。風邪やインフルエンザ、下痢や便秘、代謝不良、夏バテ、ストレス過多などに幅広く活用されています。近年では、美容効果が注目を浴びているハーブです。
ローズマリー
Rosmarinus officinalis
マンネンロウ
シソ
ハーブティー
浸剤
中枢神経の働きを促進し、脳を活性化し集中力や記憶力を高めて、気分をすっきり、ハッキリさせてくれるハーブと言われています。血行促進作用、抗酸化作用、強壮作用なども高かくダイエットのサポートなどにも活用されています。
注)高血圧の方は避ける。妊娠中注意。長期連用注意。